美を維持するプラセンタ|若い子に負けない肌へ

女の人

糖質と結合したたんぱく質

血液

減少させるサプリメント

血糖値とは、血液中の糖質の量を示す数値です。これが高い状態が続くと、ヘモグロビンa1cが増えやすくなり、糖尿病の発症率が高まります。糖質は、血液中に長く留まると、赤血球内のたんぱく質と結合してしまうのですが、これがヘモグロビンa1cです。通常の糖質は、運動などによってエネルギーとして使われますが、ヘモグロビンa1cになると、使われなくなります。そのため1〜2ヶ月は血液中に残りますし、残っている間は糖尿病を発症しやすい状態が持続します。つまり糖尿病の予防のためには、ヘモグロビンa1cを減らすことが大事と言えるのです。そして昨今ではヘモグロビンa1cは、サプリメントを飲むだけで減少させることができるようになっています。食事療法や運動療法の必要がないため、手軽さから話題となっています。

サポニンとイヌリン

ヘモグロビンa1cは具体的には、サポニンやイヌリンで作られたサプリメントを飲むことで、減少しやすくなります。サポニンとはポリフェノールの一種で、摂取により糖質は、血液中に残りにくくなります。そしてイヌリンとは食物繊維の一種で、摂取するとそもそも糖質が血液中に溶け込みにくくなるのです。そのためサプリメントでこれらを摂取すると、新しいヘモグロビンa1cが作られにくくなります。ヘモグロビンa1cが血液中に残るのは、先述したように1〜2ヶ月ですから、その間サポニンやイヌリンを摂取していれば、1〜2ヶ月で血液はヘモグロビンa1cの少ない状態になります。これらはサプリメントだけでなく、ゴボウ茶を飲むことでも摂取できます。食事で糖質を摂取した後に、食後のお茶としてゴボウ茶を飲めば、より高い効果が期待できるようになります。