美を維持するプラセンタ|若い子に負けない肌へ

女の人

この年齢にさしかかったら

漢方

不調が現れてくる年齢とは

更年期とは、およそ45歳くらいから、閉経をはさむ前後10年くらいの期間のことをいいます。更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し、バランスが崩れるため、様々な症状が現れてきます。この症状のことを更年期障害とよんでいます。この更年期障害は、イライラしたり気分が落ち込みやすいといった精神的症状や倦怠感やほてり、多汗といった身体的症状など多岐にわたり、症状がひどくなると、日常生活を送るうえで、支障がでてきてしまう方もいるのです。この更年期の時期は、女性の人生において非常に責任がのしかかってくる時期でもあります。親の介護、子供の進学など、非常にストレスを感じやすくなっているので、より症状がひどくなりやすいのです。

この方法で対処してみては

更年期をうまくやり過ごすためには、自分に合った方法で更年期症状に対処することが大切になります。適度な運動をしたり、好きな趣味に熱中したりして、自分の殻に閉じこもるのではなく、上手にストレスを解消して、元気に毎日を過ごせるように工夫することが大事になります。そのようにしても更年期症状が気になり、少しでも症状を軽減したい場合は、効果があるといわれる漢方のサプリメントを摂取する方法があります。病院に行って、処方された薬などを飲む方法もありますが、西洋系の薬ではなく、漢方の方がいいという方も中にはいます。漢方の成分が入っているサプリメントなら手軽に試してみることが可能です。不調を感じている方は、薬局に行ったり、ネットで調べてみたりして、漢方のサプリメントを購入してみるのもよいでしょう。